スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月30日 ぶどうの実 依頼

参加者:ぼす・とーる・うっきー

ぼすの地元、久地駅前の保育園、ぶどうの実にいってきました。30分ほどのジャグリングステージです。
文化祭みたいなイベントの中で、保育士さん演じる「ヤダット姫とワクワクWAまほうの粉」の劇中に登場させていただきました。
とはいえ、ヤダット姫(パネル)が、魔法使いの魔法でワクワクすることで人間になるというストーリーなので、つまり、わたしら魔法の産物の役でした(笑)。

「ヤダットちゃん、ヤダットちゃん、ヤダットヤダットヤダット~」(ミュージカル調)という歌が舞台から聞こえてくる中、舞台裏で踊る3人。劇の出番を待っているのってなかなか落ち着きません。タイミングをしくじらないよう、貸してもらった台本を見ながら劇の進行をチェックしました。




いざ本番!順番は、
ぼす・皿回し :途中で人差し指形のスティック出したのが受けていました。
うっきー・ポイ :最初、曲が聞き取れなくて間が空き、ポイを見せびらかしてました。
とーる・デビル :一番「すげー!」が多かったかも。
ぼす・メテオ :よくハイトスできたね。観客に肉迫している分大迫力でした。
とーる・箱とボール :ボールを1つずつ増やしていくのが好評だったようです。

事前に分かっていたこととは言え、室内だから狭い。ビルの中にある保育園なのです。
あらかじめ天井低い用ルーティンを用意していたものの、天井からぶら下がっていた園児の作品や、蛍光灯に道具がヒットしてひやり。観客にはハンドスティックが軽く当たっただけですみましたが。泣きかけたところを何とか慰め事なきを得ました。
それでも、道具が当たりそうなくらい、子ども達が興奮してにじり寄って来てくれたのは嬉しかったです。「すげー!」の声と、たくさんの拍手を聞くことができたので、多少失敗もありましたが、この依頼は成功といえるでしょう。ヤダット姫も最後には無事人間になれたようです。(裏に居たので見れなかった…)

反省点は、音源を一本にしていかなかったことです。劇の進行用のデッキを共用させてもらったので、すこし手間取りました。でも、事前のチェックがしっかりできたので、音響も何とかなりました。




蛇足ですが、私達のあとにステージに立ったピエロさんが、おそらく50代の女性二人組みだったのに最初ビックリしました。でもメークと衣装で普通のおばさん(失礼。)が見る見るうちにピエロになるのです。観客の後ろから少しステージを覗かせてもらったんですが、おもしろかったです。パントマイムがすごかったです。見た目のインパクトでは完敗でした。やっぱりピエロは人気者です。部費でピエロの衣装買ってください。

文責:うっきー


スポンサーサイト

10月30日 看板工作

今日の練習後にステージと模擬店の看板製作をしました!
(メーリスでまわしましたが、模擬店の絵はなっちゃんが、
ステージの絵は飯田が担当しました。)
看板に、絵が描かれた模造紙を貼り付けて、
その上からビニールをかけて、設置するという作業内容でした。
だいたい作業時間は1時間でした。
ギャー先輩、フライ先輩、ホリ先輩、ホシデくん。
そして最後までつきあってくれた有賀先輩、片山先輩、福永先輩、テツピくん
ありがとうございました!!
終わってみて反省なのですが、
模造紙を看板に貼るときに、紙をしっかり張らなかったのと、
糊が多量だったために、ステージの看板は相当シワが目立ってしまいました。
絵を描くのと同じかそれ以上に慎重に紙貼りの作業をしなければならないと
痛感しました。
ひとまず図書館の隣に設置したので、意見があればどうぞ!

文責 飯田






続きを読む

10月29日 依頼 -陣屋小学校(新座)!-

今回の依頼はJR武蔵野線新座駅からバスで10分くらい(もしくは歩きで20分くらい)の陣屋小学校。バザーを開いていて、そこでの盛り上げ役として呼ばれた、というわけです。
集合は新座に10:45。厳守。なぜなら、バスが少ないから。もし乗り遅れたら…

参加者は、ぼす(関根)、幻想戯曲(渡辺)、かんとく(落合)、なっちゃん(吉田)、シュン(斉藤)。学園祭の発表の日曜チームからスティ剣を抜いたメンバーだ。


さて、小学校に着いて、依頼主と会って、…(略)。練習開始。グランドをちょっと借りてやりました。が、いつの間にか、ふれあいの場になってしまいました(笑)。

本番開始。マイクの調子が悪かったが、ぼすさんの拍手の練習から入り、結構好評。
順番は、幻想戯曲(ボール)→なっちゃん(スタッフ)→かんとく(ポイ)→シュン(ディアボロ)→ぼす(メテオ)。
全体的にみんな満足した演技が出来ました。



その後、依頼主が出してくれた昼食(ありがとうございます)を食べ、午後は30分くらいミニジャグリング教室(?)。
これは当初予定していなかったけど、急遽昼食後にやることになりました。私(かんとく)のデビルスティックが以外にも好評。発表でもちょっとやったほうがよかったかな…。いや、まだそんな技量はないか。

さらにその後、控え室をそのまま借りて、反省会。



帰り道。なっちゃん、戯曲、かんとくの3人は歩いて駅に向かいました。(後、全員農学部生だということに気づく。) シュンとぼすさんはバス。
駅に着く前に、なっちゃんと戯曲がbookoffに吸い込まれました。続いて、シュンも。

まあ、まあ、そんな裏話はいいや。

とにかく、いい依頼だったと思います。私は今回3回目。ますます依頼が楽しくなっちゃいそうです。さて、これからもがんばるぞ!

次はNPOだ!(その前にストパーと日曜日だが。個人的に)

文責 かんとく (落合)


10月22日 府中晴見町商店街依頼

メンバー てつぴ・監督・なっちゃん・まる・ふらいさん・きゅうさん・ふくさん

 遅刻者・リハーサル無し・雨が降るなど、朝からアクシデントの連続でしたが、無事午前一回午後一回の依頼を行えました。
 内容的にも手際の悪さにも反省の多かった午前公演。お昼を食べながらテンションは下がる一方。3年生の「1.2年生に舞台を任せてみたい」の一言から、午後はがらりと構成を変えてみました。

 午前の経験を生かしてみんなで客寄せ。頑張った甲斐あって午前よりもお客さんが集まりました。

1番手・てつぴ 本人失敗して落ち込んでましたが、小学生の応援の中、良い雰囲気でできていたと思います。
2番手・監督 舞台から降りて演技したり、小学生にマイクで感想を聞くなど荒業続出!見てるこっちがはらはらしました。
3番手・なっちゃん なぜか女子高生が固定ファンになってくれたので(笑)手拍子の中楽しく演技ができました。
4番手・まる 演技後「糸付いてないの?」と小学生に言われとても喜んでました。よかったね!
ラスト・クラブパッシングチーム ラストびしっと決めてくれました!途中で手拍子が始まってしまい、あまり拍手がもらえなかったのが本当に残念!

今回のMVPは商店街の団子屋さん。飛び入りでファイブボールに挑戦したり、見事な実況を披露してくれました!お礼も兼ねて帰りに団子買わせていただきました。


続きを読む

10月10日 体育の日 「みんなでスポーツDay!」

場所:栄町体育館
メンバー:ヒー いよかん とーる シュン 丸 てつぴ (敬称略
 総合司会:ヒー
10/10といえば、そう、体育の日です。ハッピーマンデーになっても今年は10日でした。やっぱ10日だと体育の日という感じがするのは私だけでしょうか?

体育の日を記念し、市民の間にひろくスポーツについての理解と関心を深め、スポーツ活動への動機付けを促進することを目的にこの企画が持ち上がったとのこと。6つの体育館で同時に開催されているらしく、我々はその中の1つ、栄町体育館でジャグリングを披露&体験コーナーをやってまいりました。
今回のイベントには東京女子体育大学のトランポリン部の学生さん達も参加していて、生でトランポリンの演技を見ることができました。うーん、宙に舞う感覚ってどんななんだろう?とても気持ちよさそうに跳んでいました♪

それでは私たち@ジャグのパフォーマンスを振り返ってみましょう。

ヒー
司会のヒー、まずはジャグリングについて説明をし、ボールを使って拍手の練習をしました

とーる
司会に紹介され、とーるによるシガーボックス。曲はアクアのカートゥーンヒーローズで子供達に話しかけながらいろんな技をやりました。とはいえ、シガーボックスはまだ基本の技くらいしかできないので、動きながらやることで技の少なさをカバーしました。もっと成功率をあげないとな、と感じました。ちょっとミスが多かったかな。

シュン
シュンによるディアボロ。前の依頼で見せたもの(西蔵院)+アルファというルーティンで組み立てていたようです。が、逆にそれがちょっとマイナスにはたらいてしまったかも。ミスの数がちょっと多くなってしまいました。しかし、子供達は終始不思議そうな目で見入っていました。


丸はハット&デビル。オープニングにハットを不思議調で組み入れデビルへとつないでいきました。ソーが服に引っかかってしまうミス、よくあるけどあれってなくしたいです(私もです)。デビルの動きに子供達は目が点になっていました。
シュンもそーだったけど、シュンと丸はちょっと子供達と距離が開きすぎてたかな~という感じがしました。もっと近くで演技すればより楽しめたと思います。次から意識していこう。

いよかん
いよかんによる傘芸。文句なしの大絶賛!距離もばっちり、子供達とのふれあいもあり、会場全体が盛り上がりました。ボールをまわし、金輪をまわし、マスをまわしました。いよかんの益々の成長を願って、よ~っ

てつぴ
ラストはてつぴによるボール。いよかんの芸で盛り上がり、かなりプレッシャーを感じていた模様(笑)しかし、動きながら子供に近づいたりして上手に子供の興味をひきつけていました。依頼に何度も行っているてつぴ、経験値UPの様子で演技に自信がついてきたように感じます。今回は決めのタイミングばかりでミスが目立ってしまい、決まりきれていませんでしたが(汗)トス系ってリカバーが大変ですね。5ボールはさすがにみんな驚いていました。

体験コーナー
共有ボールを持って行って(約30個)子供達にカスケードを教えました。やはり低学年の子にはちょっと難しいみたいです。高学年の子はカスケードできかけている子もいました。なかにはシャワーができる子もいたりしてびっくりしました!一定時間が過ぎた後、多少飽きもきてしまってようで一緒に遊んでいるだけの感じになってしまいました(もちろん一緒に練習していた人たちもいましたが)。子供達は一緒に遊んでくれるお兄さんお姉さんが大好きなようです(笑)

総合
全体的にちょっとミスが目立ってしまった印象が否めません。本番は一回きり。決めるときは決められるようにしっかり練習しよう。子供達とのふれあいもあり、スタッフの方も、子供達もみんな満足して帰れたようなので、各自課題の残る依頼となりましたが、依頼自体は成功と思います。来年もまたよろしくお願いいたします。

文責:片山透


10月9日 晴見町集会所の依頼

これが俺にとって人生二回目の依頼になります。
夏休み中、「まあ、学校始まってから依頼のルーティーン作ればいいだろ。」と
考えていましたが、週4回の実験に時間と体力を奪われ、後悔しました。
 そして依頼当日にディアボロのルーティーンを練習し、
ボールのルーティーンを考えるという暴挙をなして出発したのでした。
 でも本番は意外と上手くいき安心しました。ましてやディアボロなんて依頼は
おろか、文化祭や合宿などの発表会で一度もやったことないのに…
 前言った通り、高さ2m辺りに1m間隔で蛍光灯がぶら下がっていたけど、
蛍光灯と蛍光灯の間を利用して、4ボールシャワーとか5551とかやっちゃいましたね。
 人前でルーティーンをやって学べることの一つに客がどこで拍手してくれるかがあると
思いますね。どんなルーティーンを作れば感動するか、やはり場数はたくさん踏むべき
なのですな。

 以上、幻想戯曲による活動報告でした。前日三多摩で疲れている中、依頼に参加
してくれた方々に心から感謝いたします。お疲れ様でした。

文責:幻想戯曲

三多摩ジャグリングフェスティバル2005 報告レポート

さて、実際この記事を書いているのは10/25(火)なのですが、三多摩に対してなにも残していなかったので、この場を借りて私が感じたこと、思ったこと(あ、一緒か)を書き連ねてみたいと思います。

三多摩の準備!に関しては、今回パサージュさんに頼りっぱなしだった気がします。話し合いの進行はにしのさん、こえらさん、つつみさんに頼りっぱなしだった気がします。なにやら全部頼りっぱなしだった気がします。
会場係りが必然と(なのかな?)準備が多くなってしまった気もしますが、年を重ねるごとに徐々に準備の仕方もうまくなっていきたいものです。

当日の準備は参加者みんなでやるので誰かに頼りっぱなし、というのではなく全員で三多摩JFの会場を作ってるんだー!という一体感を感じることができました。

さて、仕事の話はここまで、ジャグリングの話しましょう。

☆フリータイム☆
えージャグリングしてました♪個人的にパサージュの青木君とのパッシングがアツかったです。久しぶりに7クラブパッシングができて、さらに8クラブパッシングにまで挑戦してしまいました!さすがに8は練習がかなり必要ですね(汗)またお手合わせ願いたいものです。
もちろんデビルもやりました。セバさんがみんなにレクチャーしていたハンドスティック螺旋回転するやつがもうわけわかんなくてサイコーでした(笑)来年の三多摩ではみんなできるようになってるのかなぁ・・・。

☆ゲーム☆
3玉全員リレーはくやしかった!早くつなげるコツはなんでしょうねーあれ。ちょっと最初に練習して近い人たちで続くように配置替えとかしたほうが良いのかもしれませんね。

一番おもしろかったのはコンバーマン対決!!あれはすごい!あっという間に決着!チーム内で攻撃と防御に戦力を配分するのがいいのでしょうか?!一瞬でも油断するとあっという間に攻め込まれてしまいます。あんなに燃えたゲームは久しぶりでした。ちなみに負けてしまいましたが・・・。


その他にも幻燈会やグローナイトなどいろんなイベントがありました。映像作品、どれもすばらしく、ジャグリングに対する熱意をひしひしと感じました。そしてグローナイトはやはりきれいですね。ぼや~と暗闇に浮かび上がる幻想的な光。何度体験してもたまらないですね。このとき必ず思うこと。それは・・・もっとジャグリングうまくなりて~~~~!!だって下手だとジャグナイト、楽しみきれないから。

みんなで片付けをして、三多摩終了!ではなく、もちろんお疲れ飲みもありました♪

三多摩ジャグリングフェスティバル、振り返ってみると毎年良い部分は引き継がれ、その年々のおもしろさがあるなぁ、と感じました。自分の今年の一押しはコンバーマン!みなさん、クラブ練習しましょ(笑)

以上、片山透の徒然なる手記でした(手記ってこういう使い方だっけ?)。

文責:片山透

プロフィール

atjug

Author:atjug
東京農工大学ジャグリングサークル「@ジャグ」の活動報告です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。