スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月3日エイジレス介護センターにて

11月3日、東京学芸大近くエイジレス介護センターに依頼に行ってきました。メンバー(演技内容)は以下の通りです。

  上田(ディアボロ)
  小須田、佐藤(ボール・ペア)
  五十嵐(スタッフ、ボール)
  大野(シガーボックス)
  轟(クリスタルボール)
    ※敬称略、基本は演技順で五十嵐は全員の発表後、トリとして最後にボールのパフォーマンスを行っている

 今回、文化祭発表10日前ということで、自分の演技の到達度合いを見るうえでも、重要な機会となりました。その分、前回よりも緊張の会場入りでした。そして、入ると……、大きな拍手での歓迎。緊張のレベルが跳ね上がりました。今までにはなかったことですし、とにかくいきなりだったもので、驚きと不安が渦を巻いて頭がごちゃごちゃです。でも、もちろんうれしさもありました。
 今回の司会役は私です。初司会です。噛んだ回数を数える気にはなりません。言うべきことは何とか言えましたが、もっとまとめておくべきでしたね。さて、もともと最初の演技は小須田先輩、佐藤先輩によるボール・ペアの演技でした。しかし、本番でまさかの音響トラブルです。そこでなんと、予定していなかったディアボロオ演技を上田先輩が行ってくれました。実は天井の高さを考えるとディアボロはつらかったのです。でも、できる技の範囲でつないでくださいました。司会としても本当に助かりました。その後、音源を変えて無事ボール・ペアの演技は行われました。またその後は大きなトラブルもなく終了することができました。
 個人的には学祭に向け、まだまだ甘い部分が見えてよかったと思います。全演技後、まさかのアンコールでシガーボックス4個の演技をすることになってしまったときは焦りましたが、温かい観客の皆様に感謝です。最後に、なぜジャグリングを始めたのか、という質問がありました。私は単に目立つことをしたいからと答えましたが、そのあとの上田先輩の回答を聴いて恥ずかしくなりました。
 ジャグリングを始めた理由、それは皆さんの笑顔が見たかったからです。

文責:大野
スポンサーサイト

あいな祭りの依頼

10月29日に愛名やまゆり園でパフォーマンスを行ってきました。

~参加メンバー[道具]~
阿出川  [ボール(ペア)]
小寺    [ボール(ペア)]
土屋    [ディアボロ]
大野    [シガーボックス]
坂本    [デビルスティック]
五十嵐  [ボール]
平中    [ディアボロ(ペア)、MC]
柳澤    [ディアボロ(ペア)、MC]

*出演順・敬称略

今回はハロウィンイベントの一環で、なんと我々のパフォーマンスがトリを飾るという恐れ多くもありがたいことこの上ない条件での依頼となりました。最近は寒暖の差が激しく、体調を崩し気味のメンバーもいましたが快晴に加えての温暖な天候という好条件でした。最初から最後まで温かい拍手も頂くことができ、とても演技がしやすかったです。初MCの二人も温かい観客に支えられて、無事に最後の自分たちの演技まで繋げることができました。本当に感謝です。
学園祭まで残すところあとわずか。少したりとも時間を無駄にはできなくなってまいりました。「悔いの残らない演技」などと消極的な目標でなく、「自分をほめられる演技」を目標に掲げて最高のパフォーマンスを行いたいと思います。そのためにも、まずは自分たちが楽しまなければ!


出演いただいた皆さん。本当にお疲れ様でした。本番も楽しんでいきましょう!


文責:五十嵐(代筆)
プロフィール

atjug

Author:atjug
東京農工大学ジャグリングサークル「@ジャグ」の活動報告です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。