懇親会

お世話になっている田中先生からの依頼でパフォーマンスをしてきました。
いろいろな学者さんがくる懇親会でのパフォーマンスということで、むちゃむちゃ緊張。
みなさんスーツとかフォーマルな格好なのに、出演者3人は、パーカーとか、Tシャツとか、むっちゃラフな格好で行って、


「なんか、この格好場違いじゃね~?」


とかいいながら(これといって問題はなかったです)、
いつも以上に、気合の入ったディスプレイをしました。
田中先生の軽い紹介が入りつつ、パフォーマンス開始。

メンバー(演目順)は
山口(MC、シガーボックス、ディアボロ)
中川(スタッフ、ポイ)
栗田(ボール)

山口:トークとテンポで見ている方の注目を持っていく(ちょっと卑怯)。
拍手ポイントを意識、盛り上げし方など、技数が10くらいしかやんなかった割には、つかみとしてはOKだったんじゃなかったんでしょうか?

中川:電気を消してのライトを使ったパフォーマンス。
暗かったせいで、キャップが入らないというお茶目ポイントを入れつつ(たぶん狙いだったハズだ)、ライトスタッフ開始。
その後、スタッフからライトポイに持ち替えて本領発揮。光の軌道を綺麗に見せていました。

>栗田:3ボールから始まり、4ボール、最後は5ボールで締め。1曲目がマリオだった。
「ちょっとドロップが多くて残念だった。第2食堂は苦手」(本人談)
とか言ってたけど、本番でちゃんと5ボールで締めれるなんてすごいよ。終わってからの評判もよかったみたいです。



各々、持ち時間3分くらいで、10分くらいという少し短めのショーでしたが、お酒を飲んでいらっしゃった事もあってので、かなり盛り上がったパフォーマンスになりました。
ご飯を食べつつ(僕は飲みませんでしたよ。)、興味を持っていただいた方と、軽くティーチング&質問会。
3ボールカスケードのやり方や、ビーンバッグの中身の質問が飛び交いました。
さすが学者さん、変わった事も聞いてこられる方もいましたね
ジャグリングを十分にアピールできたと思います。


書いた人→山口 (パフォーマンスの写真はないです。ごめんなさい)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

atjug

Author:atjug
東京農工大学ジャグリングサークル「@ジャグ」の活動報告です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード